Revu 2019 以下 製品ライフサイクル終了 (EOL) 2023年3月21日

Revu 2019 および以前のバージョンの製品ライフサイクル終了 (EOL) が近づいています。

公式な販売終了 (EOS) 日は 2022年3月22日、製品ライフサイクル終了 (EOL) 日は2023年3月21日の予定です。

機能の喪失

オープンライセンスとエンタープライズライセンスのユーザーはすべてのアクセスを失います。ライセンスモデル喪失の詳細については、こちらの記事をご覧ください。

機能の制限

  • 公式 EOL 日以降も無期限ライセンスをお持ちのお客様は引き続き Revu にアクセスできますが、ライセンスの移行、ダウングレードや再登録はできません。
  • 公式 EOL 日以降はレガシーバージョンのコアテクニカルサポートが受けられなくなります。
  • 公式 EOL 日以降は Studioへの完全な機能へのアクセスはできなくなり、セッションの開始/参加、プロジェクトの新規作成、既存のプロジェクトへのファイルの新規追加ができなくなります。
中断なしに Bluebeam Studio サービスの利用を続け、手軽に Studio のデータにアクセスできる状態を保つには、2023年3月21日 以前に Revu 20 以上へのアップグレードが必要となります。

対象となるバージョン

上記の EOS および EOL 期日は以下のレガシーバージョンの Revu に影響します。

  • Revu 2019
  • Revu 2018
  • Revu 2016
  • Revu 2015
  • Revu 12
  • Revu 11
  • Revu 10
  • Revu 9
  • Revu 8
  • Revu 7
  • Revu 6
  • Revu 5

製品ライフサイクル終了 (EOL) に関する詳細情報

当社のサポート対応製品/バージョンについては、こちらの記事をご覧ください。

Bluebeam は EOL のレガシーバージョンに関する有用な情報を引き続きサポートサイトに掲載していきます。ご不明な点については当社までお問い合わせください。

お知らせ

Revu 2017 以下

Revu 2018

Revu 2019

レガシーバージョンの Revu 2019 以下の製品ライフサイクル終了後のサポートについて確認できます。

Related Articles